酵素飲料を用いた減量中はコーヒーを飲んでも良いか

酵素飲料は、しばしば他のドリンクによって割られます。野菜ジュースや豆乳などを用いて、その飲料が割られる事は多いですね。前者のジュースなどは、とても相性が良いです。

しかし中には、相性が悪い飲料もあるのです。結論を申し上げれば、酵素飲料を摂取する時は、コーヒーだけは飲まない方が良いでしょう。

1.腹内に栄養補給をしてくれる効能

そもそも酵素ドリンクはどのようなメリットがあるかと言うと、腹内に対する栄養分です。腹内にも様々な細胞が生息していますが、もちろん活動の為にはエネルギーも必要になるのです。

その為の栄養分が、酵素飲料の中には多く入っているのです。例えば腹内の調子を整える為の細胞は、もちろん多数生息しています。その細胞に対して栄養補給をしてくれるのが、酵素飲料なのですね。

2.酵素の力を弱くしてしまう

ところが冒頭でも述べたコーヒーなのですが、実はその酵素との相性があまり良くありません。と言うのもコーヒーは、酵素の力を弱体化する傾向があるのです。

本来の酵素の力を、例えば10くらいだとします。ところがコーヒーを服用してしまいますと、それが5や3などと弱くなってしまう訳です。せっかくの酵素も、腹内で活躍しづらくなってしまいます。

ですのでその飲料を飲む際には、やはりコーヒーは避けた方が良いのですね。

3.カリウムやミネラルにも悪影響がある

それと酵素飲料の中には、亜鉛やミネラルなど様々な有用な栄養素が入っています。それも腹内の細胞に対して、やはりポジティブな効能があるのですね。

ところがコーヒーを服用すると、体の中でそれらの成分を消耗しやすくなってしまいます。せっかく酵素飲料でミネラルを補給しても、無駄になってしまう訳ですね。

4.腹内環境を悪くしてしまう

それとコーヒーには、腹内環境に関するデメリットがあります。よくコーヒーを飲みすぎますと、お腹などが痛くなってしまうでしょう。あれも悪影響が一因なのです。

ちなみに酵素入りの飲料は、腹内の悪い物を外に出してくれる力はあります。ですが、コーヒーを飲んでしまえば、せっかくのデトックスも無意味になってしまう訳です。

コーヒーによる様々な悪影響

以上からコーヒーと酵素飲料に関しては、

・コーヒーは酵素の力を弱体化してしまう
・カリウムなどの栄養分にも悪い影響がある
・腹内環境を悪くしてしまう

このような事が言える訳ですから、少なくともその2つは併用するべきではありません。やはり減量中だけは、コーヒーを飲むのは控えた方が良いでしょう。